2022-09

ビットコイン

【ビットコインの保有平均は0.0021枚】上位1%は0.28BTC

ビットコインは発行枚数が2,100万枚と決められており、世界中の人に分けると0.0021BTCです。世界のTOP1%に入るには0.28BTCが目安となります。これから持てる枚数の難易度が上がるでしょう。
ビットコイン

【ビットコインの半減期とは】次は2028年ごろに実施

ビットコインの価格に大きく関係のある半減期について紹介していきます。ビットコインはマイニングによって新しいビットコインが発掘されていますが、4年に一度マイニング報酬が半分になります。半減期はハッシュレートや価格に大きな変動がみられます。
ビットコイン

【Hash Ribbons】ビットコイン専用のトレンド指標ハッシュリボンとは

ハッシュリボン(Hash Ribbons)はビットコイン専用のトレンド系指標です。Hash Ribbonsはマイニングや半減期など様々な要因によって変わるので、今後とても重要な指標になります。
ビットコイン

ビットコインのノードはネットワークに参加している端末

ビットコインの専門用語である「ノード」について詳しく紹介していきます。ノードとはビットコインのネットワークに参加している端末のことを指し、スマートフォンやパソコンもノードの対象になります。
ビットコイン

ビットコインのハッシュレートとはなにか?

ビットコインの取引をする時にマイニングの速度を表す「ハッシュレート」を参考にすると、取引精度が上がるかもしれません。ハッシュレートの特徴や、ハッシュレートが変動する原因などを紹介していきます。
ビットコイン

ビットコインのスワップポイントはない

ビットコインは金利がないので、スワップポイントが存在しません。ですがDeFiを利用するとスワップポイントのような恩恵を受けられます。あくまでもビットコインは純金のようなものだと思ってくれれば、間違いはありません。
ビットコイン

【ETF】ビットコインの投資信託が購入できる国とは?

世界中でビットコインの注目が集まる中、さらにビットコインが購入しやすくなるように投資信託が誕生しました。 日本ではまだ購入できませんが、アメリカやカナダなどではビットコインのETFが購入できるようになりました。
ビットコイン

ビットコインと電子マネーの違いと共通点を紹介

日本でもようやくキャッシュレスサービスが浸透してきましたが、電子マネーやビットコインなど多くの用語が増えてきました。なかには増えすぎて混乱している方もいると思います。 今回は電子マネーとビットコインの違いについて紹介していきます。
ビットコイン

ビットコインの秘密鍵がバレると資産を盗まれてしまう?

ビットコインの秘密鍵の特徴について紹介していきます。秘密鍵の管理方法を間違えると、資産を全て盗まれてしまう可能性もあるので、必ず管理方法を把握しておきましょう。秘密鍵の特徴なども紹介するので、これからウォレットを作る人は確認しましょう。
ビットコイン

ビットコインが購入できる取引所と販売所の違いを紹介

暗号資産取引所には「販売所」と「取引所」で分かれていることがあります。とても使いやすいですが手数料が少し高いので、取引が慣れている方は取引所を利用しています。ですが取引所は操作が少し難しいので初心者は販売所をおすすめしてます。