ビットコインと電子マネーの違いと共通点を紹介

ビットコイン
           
更新日時 2024年05月19日 05:26:15
ハッシュレート 334.80 EH/s
半減期まで 1,430.3 日
ブロック数 844,033
供給量 19,699,965 BTC
マイニング報酬 error code: 502 BTC
過去24時間の取引件数 235,061
過去24時間の取引枚数 435,472 BTC
ビットコイン購入におすすめな暗号資産取引所を比較
初心者におすすめの暗号資産取引所を紹介します。各取引所の特徴や手数料を比較してみました。セキュリティの観点から、暗号資産取引所は複数開設することをお勧めします。取引所は無料で開設できます。

普段現金を利用している方からすると、電子マネーやQR決済、ビットコインなど難しく感じると思います。

2020年ごろからキャッシュレスが浸透し始めましたが、よくわからずに利用している人も多いはずです、

最近はビットコインなど暗号資産も注目を集めているので、余計にわからなくなってしまうかもしれません。

この記事で分かる事
  • 電子マネーは企業が提供している支払い手段
  • ビットコインは通貨の名前
  • 暗号資産はビットコインなどの総称

この記事ではビットコインや電子マネーの違いを詳しく説明します。

ビットコインと電子マネーの違い

ビットコインと電子マネーには大きな違いがあります。

元の通貨

ビットコインは通貨として扱われているので、チャージという概念がありません。

一方電子マネーはその国のお金を利用して支払うことなので、日本の電子マネーを利用すれば日本円が必要で、中国の電子マネーを利用すれば人民元が必要です。

ビットコインは通貨の名前

先ほども紹介した通り、ビットコインは一つの通貨として扱われています。

なので日本円や米ドルと同じような立ち位置です。
一番近いところで言うと「純金」です。

管理者

ビットコインはブロックチェーンによって成り立っており、管理者が存在していません。

世界中のみんなで取引処理を行なっているので、管理している人が一人も存在せず、企業がハッキングされて個人情報が流出してしまうような事件は一度も発生していません。

過去に暗号資産の流出問題がありましたが、それらは取引所の管理方法に問題がありました。

ビットコイン単体で見てみると個人を特定できるような情報は一切なく、アドレスのみでやり取りが可能です。

一方電子マネーは企業が提供しているサービスなので、企業の管理のもと運営されてます。
そのため、利用した人にはポイントが付与される仕組みがあります。

利用できる地域

電子マネーは基本的に利用している通貨のみ対応しているので、日本の電子マネーは日本でのみ対応しています。

一方ビットコイン自体が通貨なので、ビットコインに対応していれば世界中で利用できます。

とはいえビットコインは純金的な立ち位置なので、あまり支払いで利用されることはありません。

ビットコインと電子マネーの共通点

次にビットコインと電子マネーの共通点について紹介します。

オンライン決済である点

電子マネーは基本的にスマートフォンやカードで決済を行い、ビットコインはスマートフォンで取引を行います。

そのためリアルなお金は手元に存在しません。

決済履歴が残せる

現金決済の場合、レシートを発行できますが、なくすと確認できなくなってしまいます。お店に頼んで防犯カメラを確認するくらいしかありませんが、そこまでやる人はいませんよね。

一方ビットコインや電子マネーは支払い履歴がネット上に残るので、いつでも閲覧可能です。

ビットコインと電子マネーそれぞれの特徴

ビットコインと電子マネーの違いについてざっくり紹介してきましたが、次は項目ごとに違いを紹介していきます。

送金入金

ビットコインは国内に送金しても海外に送金しても手数料は全く同じです。

一方でペイペイなどの電子マネーで送金する場合は、同じアプリを利用している人にしか送金はできません。
もちろん海外にも送金はできません。

ビットコインは資産として扱われ、電子マネーは決済

ビットコイン購入はどこがいいか取引所を比較してみた
初心者におすすめの暗号資産取引所を紹介します。各取引所の特徴や手数料を比較してみました。セキュリティの観点から、暗号資産取引所は複数開設することをお勧めします。取引所は無料で開設できます。

電子マネーとビットコインは似ているようで大きく異なり、利用用途が大きく変わります。

電子マネーは普段の支払いに利用しますが、ビットコインの多くは資産の一部として保有されることが多いです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました