【ビットコイン】ノートパソコンのCPUマイニング結果を公開

ビットコイン
           
更新日時 2024年05月19日 03:55:46
ハッシュレート 359.60 EH/s
半減期まで 1,430.4 日
ブロック数 844,023
供給量 19,699,965 BTC
マイニング報酬 3.125 BTC
過去24時間の取引件数 252,376
過去24時間の取引枚数 514,458 BTC
ビットコイン購入におすすめな暗号資産取引所を比較
初心者におすすめの暗号資産取引所を紹介します。各取引所の特徴や手数料を比較してみました。セキュリティの観点から、暗号資産取引所は複数開設することをお勧めします。取引所は無料で開設できます。

2万円で購入したWindowsのノートパソコンに、ナイスハッシュをインストールしてビットコインをマイニングしてみました。

なぜマイニングをやろうかと思った理由は、現金を使わずに効率よくビットコインを集められるか、実験してみたかったからです。

結論から紹介すると、ポイントをビットコインに交換するサービスの方が圧倒的に効率がいいことが判明しました。

今回はナイスハッシュを利用していますが、厳密に説明するとマイニングする通貨は別の通貨で、報酬としてビットコインが振り込まれるイメージです。

仮想通貨のマイニング報酬とは?

パソコンの余っているリソースを仮想通貨取引の処理に使い、ブロックチェーン上の記録が正常に終わった場合に仮想通貨をもらえるのがマイニング報酬です。

中古のパソコンでCPUマイニングの限界について紹介できればと思います。

まず初めにマイニングした結果から紹介します。

ノートパソコンでのCPUマイニング結果

中古ノートPCでマイニングできた量はとても少なく、0.0005mBTCでした。

ビットコインの単位

  • 1 BTC = 1,000 mBTC
  • 1 BTC = 100,000,000 satoshi
マイニングを始めたときのビットコインの価格は約500万円なので、1日2円のマイニング報酬です。
消費電力は20Wくらいなので、電気代は1日あたり12円ほど。
電気代は1ヶ月、12×30で360円。
コインチェック電気を契約しているので、マイニングにかかった電気代に対して3円分のビットコインが付与されます。

最終結果

  • 電気代:360円
  • マイニング報酬:60円+3円

さらに電気代を楽天カードで支払い、楽天ポイントをゲットして、楽天ウォレットでビットコインに交換してもマイナスです。

 

ナイスハッシュでやるCPUマイニングは直接ビットコインのマイニングに参加しているわけではなく、他の通貨をマイニングしてその報酬をビットコインに還元しているそうです。

なのでレンディングでビットコインを預けて複利で増やし、自分は働くのもいいかもしれません。

マイニングパソコンのスペック

マイニングPCのスペック

  • SSD 128GB
  • メモリ 8GB
  • Core i3 第4世代
  • GPUなし

中古ノートパソコンでビットコインをCPUマイニング

1万5,000円で購入したDELLのInspiron(2015年モデル)を少し改造し、合計2万円の予算でどれだけビットコインをマイニングできるか試してみました。

モデルは2015年のパソコンなので、結構古いですね、、、

ナイスハッシュをインストール

https://www.nicehash.com/にアクセスした後、アカウントを作成し、ログインしましょう。

ログイン後、画面右下から言語を日本語に、通貨をJPYにしておきましょう。
サイトの一番下に「ダウンロードセンター」があるのでダウンロードセンターに移動してください。

「NiceHash Miner」のダウンロードをクリックするとGitのページに移動します。

Gitに移動後、Download 「NiceHash Miner X.X.X.X installer」があるので、ダウンロード開始してください。

X.X.X.Xはバージョンを表しているので、ダウンロードする日にちによって数字が異なります。

ダウンロード完了後インストーラー(nhm_windows_X.X.X.X-64.msi)をダブルクリックしてください。

するとインストーラーが表示されるので、特に気にせず「I Agree」をクリックし続けました。

プラグインのインストール画面が出てくるので、すべてインストールしておきました。

プラグインの管理は後からでもできます。

インストール完了後

インストールが完了すると、Windowsのスタート画面に追加されているのでそこからナイスハッシュを起動させましょう。

ナイスハッシュでCPUマイニング

早速マイニングをしてみましょう。

トップ画面で再生マークのようなボタンをクリックすると、下記画像のような画面になります。

CURRENT PROFITABILITYは、一日にマイニングできる目安の量を示しています。

UNPAID BALANCEはマイニングした量を表示しています。

マイニングが始まるとコンソール画面が表示されます。

コンソール画面は閉じないように注意してください。

これでひたすら放置

CPUマイニングがエラーになる場合

初回のCPUマイニングは成功しましたが、2回目になるとエラーになっていたので、エラーの解決方法を紹介します。

Devices(デバイス)タブでチェックがOFFになっていたので、クリックしてONにしました。
ONにするとオレンジの色が付きます。

Dashboard(ダッシュボード)に戻ってスタートするも…エラー

次にBenchmark(ベンチマーク)に移動し、CPUの箇所と「RandomXmonero」がOFFになっていたのでONにしました。

するとマイニングが成功しました!

マイニングによって得たビットコインを送る方法

マイニングによって貯まったビットコインはWebサイト上から送金可能で、最低0.001BTCが必要です。

画面の左側に出金ボタンがあるので、そこから受け取りたいアドレスを入力してください。

日本国内の仮想通貨取引所を開設すれば、最終的に日本円に換金できます。

CPUマイニングの注意点

マイニングをするとビットコインがもらえますが、環境によっては普通に購入した方が成果がいい場合もあります。

ポイントを把握しておきましょう。

個人の参入は難しい

ビットコインのマイニングは企業や組織単位で参入しているので、個人でマイニングで稼ぐのはとても難しいです。

また、日本では電気代の料金も上がっているので利益を出すのがさらに難しくなってます。

半減期にマイニング報酬が減る

ビットコインは1ブロックごとに新規発行枚数が決められていますが、半減期が来ると新規発行枚数が半分になります。

半減期のおかげでビットコインは2140年まで新規発行が継続されます。

マイニングはGPUがやるもの

今回はCPUでマイニングをしましたが、GPUのほうがCPUより計算が得意なためマイニングに関しては、GPUのほうが適しています。

その為、CPUだけで莫大な仮想通貨をマイニングするのはあまり期待しないほうがいいです。

電気代とパソコンの負担を考えると、普通に現金でビットコインを購入したほうが結果は出やすいかもしれません。

楽天ポイントでビットコインを購入したほうが早い…

ビットコインのCPUマイニングは趣味で…

ビットコイン購入はどこがいいか取引所を比較してみた
初心者におすすめの暗号資産取引所を紹介します。各取引所の特徴や手数料を比較してみました。セキュリティの観点から、暗号資産取引所は複数開設することをお勧めします。取引所は無料で開設できます。

一日あたり2円ほどのマイニングなので、稼ぐことは難しいです..

稼ぐ目的ではなく、遊びでマイニングしてみましょう!

コメント

タイトルとURLをコピーしました