ビットコインをポートフォリオに入れる際の理想の割合とは?

ビットコイン
           
更新日時 2024年05月19日 04:50:04
ハッシュレート 355.47 EH/s
半減期まで 1,430.4 日
ブロック数 844,026
供給量 19,699,965 BTC
マイニング報酬 3.125 BTC
過去24時間の取引件数 249,448
過去24時間の取引枚数 483,387 BTC
ビットコイン購入におすすめな暗号資産取引所を比較
初心者におすすめの暗号資産取引所を紹介します。各取引所の特徴や手数料を比較してみました。セキュリティの観点から、暗号資産取引所は複数開設することをお勧めします。取引所は無料で開設できます。

新NISAが始まり、ビットコイン価格も上昇し、どうすればいいのかわからない方もいると思います。

取引所を開設して購入するまでも大変なのに、ポートフォリオを考えるとなると大変ですよね。

結論から紹介すると、ビットコインもポートフォリオの一部として保有することをおすすめします。

ビットコインをポートフォリオに入れるにはどのくらいの割合?

ビットコインを資産のポートフォリオに加える際には、どの程度の比率で保有するかしっかり考えましょう。

比率はリスク許容度、投資目的、資産保有額など、多くの要因が関係します。

なので自分に最適な比率を一度考えてみましょう。

毎月収入の5%以下を推奨

当サイトでは、毎月の収入の5%以下を暗号資産に投資することを推奨しています。

例えば新卒だと20万円近くの給料なので、高くても1万円くらいビットコインにしてもいいかと思います。

収入が安定している人で40万円の場合でも、2万円くらいならストレスなく継続できるでしょう。

他にも投資信託を購入している場合は、ビットコインの比率を2%くらいに下げるのもいいでしょう。

このように比率を抑えることで、市場の下落があっても全体の資産に与える影響を最小限に抑えることができます。

暗号資産はビットコインだけでも問題ない

ビットコインは暗号資産の中でも特に資産価値が高く、多くの投資家がポートフォリオとしてビットコインのみを選択しています。

なぜならビットコインは発行枚数が決められており、円安対策などでも購入されています。

ビットコインは市場の流動性が高く、長期的な価値保存手段としてのポテンシャルが認識されています。

ただし、投資リスクを分散させたい場合はアルトコインなどではなく、投資信託や株など、暗号資産以外にしておきましょう。

暗号資産資産の本質的な機能はビットコインで十分で、アルトコインの中には法定通貨のほうが似ている場合もあります。

ビットコインの積立購入も存在している

ビットコインを一度に購入する方法もいいですが、積立購入も価格変動リスクを抑えられます。

ビットコインの積立購入は、長期的な投資としておすすめの方法です。

これにより、ドルコスト平均法を利用して、市場の変動に関わらず定期的に一定額のビットコインを購入することができます。

積立購入により、市場の短期的な変動から影響を受けずに、精神的にも気軽になるでしょう。

まずは二年間だけやるイメージでも問題ありません。

一括で購入する場合は手数料の安い取引所で購入しましょう。

ビットコインと他の資産の割合をうまく分けよう

ビットコインを含むポートフォリオの構築においては、資産の分散が重要です。

ビットコインは変動性が高いため、他の資産クラスと組み合わせることでリスクをできるだけ下げて、資産を運用できます。

純金や株などもおすすめ

純金は価値保存手段とされ、経済が不安定になると安全資産と見なされ、価格が上がる傾向にあります。
さらに円安対策としても購入されています。

株式は成長性があり、長期的な資本増加を期待でるでしょう。

これらの資産はビットコインと異なる市場要因に影響を受けるため、ポートフォリオに含めることでリスクを分散し、全体の安定性を高めることができます。

投資信託などもおすすめ

投資信託は、さまざまな株式や債券に分散投資することができるため、個別の資産選択のリスクを低減することができます。

特に、インデックスファンドやETF(上場投資信託)は、手軽に幅広い市場へ資産を構築できるので、長期的な資産形成に役立ちます。

ビットコインだけのポートフォリオにしないこと

ビットコイン購入はどこがいいか取引所を比較してみた
初心者におすすめの暗号資産取引所を紹介します。各取引所の特徴や手数料を比較してみました。セキュリティの観点から、暗号資産取引所は複数開設することをお勧めします。取引所は無料で開設できます。

ビットコインだけに依存するポートフォリオは、高いリスクを伴います。

暗号資産市場は非常に変動性が高く、予測不可能な動きをすることがあります。

変動率が高い理由の一つとして成長段階で自分あることがあげられます。

そのため、ビットコイン以外の資産にも投資し、リスクの分散を図ることが重要です。

株式、債券、不動産、貴金属など、異なる資産への投資は、世界情勢にも対応できるようになっております。

ビットコインに魅力を感じるのはわかりますが、あくまでポートフォリオの一部として、安全に保有しておきましょう。

コメント

タイトルとURLをコピーしました