【ビットコインを買う時銀行は必要?】ネット銀行がおすすめ

ビットコイン
           
更新日時 2024年05月19日 03:34:30
ハッシュレート 359.60 EH/s
半減期まで 1,430.4 日
ブロック数 844,022
供給量 19,699,965 BTC
マイニング報酬 3.125 BTC
過去24時間の取引件数 252,376
過去24時間の取引枚数 514,458 BTC
ビットコイン購入におすすめな暗号資産取引所を比較
初心者におすすめの暗号資産取引所を紹介します。各取引所の特徴や手数料を比較してみました。セキュリティの観点から、暗号資産取引所は複数開設することをお勧めします。取引所は無料で開設できます。

ビットコインオンライン上のみで購入できるため、苦手意識が働いてしまい、何度も避けていませんか?

確かに最初は複雑そうに見えて、調べているうちに諦めてしまう方も多くいるでしょう。

今回ビットコインを購入する際に「銀行って必要なの」という疑問にお答えしますね。

ビットコインは銀行で買えない

ビットコインやその他の仮想通貨は、銀行で直接購入できません。

なぜなら、ビットコインの機能と、現在の銀行システムの構造とは根本的に異なるためです。

このため、ビットコインを購入するには、専用の暗号資産取引所やP2P取引プラットフォームを利用する必要があります。

株と同様、ビットコインは銀行で買えない

株式の取引もまた、一般的には銀行を通じてではなく、証券会社を通じて購入します。

そのため証券会社のような感じだと思っていただければ問題ありません。

ビットコインは暗号資産取引所で購入できる

ビットコインを購入したいと考えているなら、最初のステップとして暗号資産取引所を選びましょう

証券会社で株式を購入するのと同じように、暗号資産も専門の取引所を通じて購入できます。

ただし、取引所選びには注意が必要で、取引手数料、利用のしやすさなど、比較項目がたくさんあります。

証券会社のように暗号資産が買える口座を開設する必要が

暗号資産の取引には、取引口座の開設が必要で、書類を郵送することなくスマホカメラで完結します。

身分証明書の提出など、いくつかの認証ステップを含みます。

おすすめの暗号資産取引所

日本国内には複数の暗号資産取引所が存在し、それぞれに特色があります。

例えば、手数料の安さ、取扱い暗号資産の種類、使いやすさ、カスタマーサポートの質などで選ぶことができます。

初心者には特に、利用者の多い大手取引所の使用をおすすめします。

暗号資産取引所に銀行から日本円を送金する必要がある

ビットコインを購入するには、まず取引所に日本円を入金する必要があります。

取引所には、銀行振込による入金が可能で、入金手続きや反映までの時間は取引所によって異なります。

日本円を暗号資産取引所に送金する際に銀行が必要

取引所への入金方法の一つとして、すでに利用している銀行口座から直接送金する方法があります。

ネット銀行があるとビットコイン取引所にすぐ送金できる

ビットコイン購入はどこがいいか取引所を比較してみた
初心者におすすめの暗号資産取引所を紹介します。各取引所の特徴や手数料を比較してみました。セキュリティの観点から、暗号資産取引所は複数開設することをお勧めします。取引所は無料で開設できます。

ネット銀行を利用すると、既存銀行に比べて振込手続きが迅速かつ手数料を抑えて送金できるため、ビットコインの購入までテンポよく完了します。

日本円の振込はコンビニ支払などいくつかありますが、銀行振込が最も手数料を抑えられます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました