【ビットコインを昔買っていたら?】どのくらいになるのか計算してみた

ビットコイン
           
更新日時 2024年05月19日 05:00:19
ハッシュレート 355.47 EH/s
半減期まで 1,430.4 日
ブロック数 844,028
供給量 19,699,965 BTC
マイニング報酬 3.125 BTC
過去24時間の取引件数 249,448
過去24時間の取引枚数 483,387 BTC
ビットコイン購入におすすめな暗号資産取引所を比較
初心者におすすめの暗号資産取引所を紹介します。各取引所の特徴や手数料を比較してみました。セキュリティの観点から、暗号資産取引所は複数開設することをお勧めします。取引所は無料で開設できます。

ビットコイン価格は、登場以来大幅な価格上昇を見せてきました。

早期にビットコインを購入していた人は、莫大なリターンをうけております。

今までの価格変動を参考に、もし昔にビットコインを購入していたら、今日どのくらいの利益になっているかを確認してみましょう。

昔のビットコイン価格は桁数が違う

ビットコインの価値は2009年の発行当初はほぼ無価値に等しかったですが、数年の間に価格上昇しました。

2010年にピザ2枚を10,000BTCで購入するという有名な取引がありましたが、これはビットコインの価値が認められるようになったニュースにもなります。

数千円が数千万円に

2010年頃にビットコインを数千円で購入していた場合、その価値は現在数千万円、場合によってはそれ以上に達している可能性があります。

ビットコインが世界中で受け入れられるようになり、投資家たちが徐々にビットコインを購入するようになっています。

日本でも流行り始めたときは30万円くらい

日本でビットコインが広く知られるようになったのは、価格が既に30万円程度に達してからです。

もしその時点でビットコインを購入し、現在も保有していたら数十倍のせいかを出していることでしょう。

昔にビットコインを買っていたらどうなってた?

では実際に現在のビットコイン価格を参考に、昔購入していたらどのくらいの利益を出しているかを確認してみましょう。

新卒の初任給の平均が21万円前後なので、キリの良い20万円分を購入した想定で計算してみましょう。

2016年にビットコインを買っていたら

2016年の年始のビットコイン価格は大体52,000円だったので、大体3.846BTC購入できます。

3.846枚保有していると現在40,115,876円です。

2018年にビットコインを買っていたら

2018年の年始のビットコイン価格は大体1,933,000円だったので、大体0.103BTC購入できます。

0.103枚保有していると現在1,074,346円です。

2020年にビットコインを買っていたら

2020年の年始のビットコイン価格は大体794,000円だったので、大体0.25BTC購入できます。

0.25枚保有していると現在2,607,636円です。

今の時間もすぐに昔になるからビットコインを早めに

ビットコイン購入はどこがいいか取引所を比較してみた
初心者におすすめの暗号資産取引所を紹介します。各取引所の特徴や手数料を比較してみました。セキュリティの観点から、暗号資産取引所は複数開設することをお勧めします。取引所は無料で開設できます。

時間の流れは止まることなく、現在もまたすぐに過去となります。

ですが購入タイミングを見極めると結局逃してしまうので、ビットコインを積立するのが賢い手段といえます。

ビットコインやビジネスチャンスなど、機会を逃さず行動することで大きなリターンを獲得できます。

将来的にどれほどの価値を持つか予測することは難しいですが、その時の最善の決断を下すことが必要です。

投資の世界では、「タイム・イン・ザ・マーケット beats タイミング・ザ・マーケット」という言葉があります。
これは、市場で過ごす時間が市場のタイミングを見極めようとする試みよりも重要であることを意味します。
つまり、長期的な視点で投資し、市場の変動に耐えることの方が、短期的な利益を追求するよりも賢明である場合が多いです。

この考え方はビットコイン投資にも当てはまります。

ビットコインの市場は予測不可能で、短期間での価格変動に一喜一憂するよりも、長期的な視点を持つことが重要です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました