【暗号資産】ビットコインを無料でもらう方法11選

ビットコイン
           
更新日時 2024年05月19日 04:29:37
ハッシュレート 355.47 EH/s
半減期まで 1,430.4 日
ブロック数 844,025
供給量 19,699,965 BTC
マイニング報酬 3.125 BTC
過去24時間の取引件数 249,448
過去24時間の取引枚数 483,387 BTC
ビットコイン購入におすすめな暗号資産取引所を比較
初心者におすすめの暗号資産取引所を紹介します。各取引所の特徴や手数料を比較してみました。セキュリティの観点から、暗号資産取引所は複数開設することをお勧めします。取引所は無料で開設できます。
  • 「無料でビットコインが欲しい」
  • 「お金かけるのは怖い」

と感じる方もいると思います。

そんなあなたにビットコインを無料でもらえる方法を紹介します。

ビットコインを無料でもらえる方法を実践し、日本円で10万円相当をビットコインに交換しました。

この記事で分かる事

  • 無料でビットインが貯まるサービス
  • 積立と合わせるとより成果が感じやすい

この記事を読み終える頃にはビットコインを無料でもらえる方法を理解できます。

無料でビットコインをもらう方法

無料で獲得 ビットコインを購入
成果 様々なサービスをかけ合わせれば成果を感じる 無料サービスより大きな成果を実感
リスク 日本円は使わないのでほぼ0 購入した金額分はリスク
心理状態 ほとんど負荷はない 常に気になってしまうかも

ビットコインは現在様々なWebサービスで対価として支払われるようになりました。

そこで、無料でビットコインをもらう方法を紹介します。

最初から数万円突っ込んで暗号資産を購入しましたが、今思うとあほなことやっていたなと思うばかりです。

では早速ビットコインを無料でもらう方法を紹介します。

取引所のキャンペーンで暗号資産をもらう

暗号資産取引所のキャンペーンを利用し、無料でもらう方法もあります。

登録や入金すると適用されるので、実質無料で暗号資産をもらえます。

口座を開設する前に一度キャンペーンが行われているか確認してください。

楽天ポイントやTポイントからビットコインに交換

楽天ポイントやTポイントをビットコインに交換でき、一番おすすめしています。

ポイントぐらいであれば損しても生活に支障は出ないと思うので、初めてビットコインに挑戦する方におすすめの購入方法です。

普段楽天カードで公共料金や生活費を支払っているので、すぐにポイントが貯まります。

楽天ポイントは楽天ウォレットで、TポイントはbitFlyerでビットコインに交換しましょう。

クレジットカードでビットコインを貯める

種類 スタンダード プラチナ
ブランド Mastercard Mastercard
還元率 0.5% 1%
年会費 無料 無料※初年度のみ
16,500円(税込)※2年目以降
2年目以降は年間150万円以上利用で無料
付帯サービス カード盗難紛失補償 カード盗難紛失補償
旅行傷害保険
ショッピングガーディアン保険
空港ラウンジ
Mastercard® Taste of Premium®
※高級レストランやご出張やご旅行にご利用いただける
サービスなどのご優待

ついにビットコインが貯まるクレジットカードが誕生しました。

クレジットカードを発行する場合は、bitFlyerの口座を開設した後にbitFlyerクレカの申し込みを行いましょう。

他にもクレジットカード経由でビットコインを貯められます。

電気とガス契約で毎月ビットコインを受け取る

毎月の電気代とガス代に対してビットコインがもらえる電力会社があります。

実際に利用して、数年間毎月ビットコインが付与されてます。

Coincheckでんき・ガスを契約すると、毎月支払った額に対して数%のビットコインが付与されます。

Coincheckでんき・ガスを契約するにはコインチェックの取引所を開設する必要があります。

アフィリエイト収入をビットコイン受け取り

TCSアフィリエイトサイトで獲得した成果をビットコインで受け取れます。

「管理メニュー」→「登録情報」→「登録情報の修正」に移動し、銀行からビットフライヤーに変更してbitFlyerのアカウントIDを入力するだけで完了です。

bitFlyerのアカウントIDを確認するには、Webサイト上でbitFlyerにアクセスし、「設定」→「アカウント情報」からXX12-3456-7890-12みたいな表示があるのでそれをコピって貼り付けましょう。

成果全てビットコインに交換することや、ポイントだけをビットコインに交換する方法もあります。

bitFlyerの口座を開設しておきましょう。
アフィリエイト収入を得るのがそもそも大変なので、成果を得るのはしばらく時間が経過することを頭に入れておきましょう。

Bybitのアフィリエイト

世界的に有名なBybitは独自のアフィリエイトサービスを展開しており、紹介した方が取引をしたら暗号資産をもらえるサービスです。

登録後マイページから申請できます。

最大30%を暗号資産で受け取れるので、紹介した方が暗号資産をたくさん購入すれば自分にも入ってきます。

まずはBybitに一般登録をした後、アフィリエイトの審査を送る必要があります。

Coincheckアンケート

マクロミルのアンケートに答え、ポイントを貯めるとビットコイン、イーサリアム、リップルなどに交換できるサービスです。
初回は300ポイントから交換可能ですが、2回目以降は500ポイントから交換できます。

アンケート内容は「Webアンケート」「日記形式アンケート」「オンラインインタビュー調査」「商品モニター」「座談会」「会場調査」などがあります。

アンケートに答えて暗号資産(仮想通貨)をもらうには、コインチェックマクロミルのアカウントを作成しましょう。

ドットマネー by Amebaをビットゲートポイントに交換

ビットゲートポイントはBitgateで利用できるサービスで、貯まったビットゲートポイントをビットコインやイーサリアムに交換できます

ドットマネーをビットコインやイーサリアムに交換するにはBitgateの口座を開設しましょう。

ポイ活でビットコインに交換

アプリダウンロードやクレジットカード作成でポイントが貯まるポイ活で、ビットコインに交換できます。

現在はそのポイントをビットコインに交換できます。

bitFlyerの口座を開設しておきましょう。

Twitterの投げ銭機能でビットコインをもらう

最近Twitterに投げ銭機能が実装され、受け取りはビットコインで受け取れます。
例えばクリエイターやアーティストなど作品を世に出して投げ銭をもらう方法や、役に立つ情報の対価に投げ銭してもらう方法などがあります。

受け取るにはアドレスが必要なので、暗号資産取引所を開設しておきましょう。

ゲームで暗号資産をもらう

ビットスタートをダウンロードすると、ビットコインが上がるか下がるかを予想します。

予測が当たると微量ながらビットコインが付与されます。
他にもクレジットカードの契約などでもビットコインが付与されます。

受け取るには仮想通貨取引所が必要なので、口座を開設しておきましょう。

今後対価としてビットコインが支払われるゲームが増加することや、ゲーム内でユーザー同士が取引することも考えられます。

Braveを使ってBATをもらう

ビットコインではありませんが、BraveというブラウザでGoogle検索を利用すると、ベーシックアテンショントークン(BAT)がもらえます。

さらにBraveはGoogle AdSenseなどの広告を排除してくれるので、読み込み速度が速くなったり、通信量を節約できます。

BATを受け取るにはbitFlyerの口座が必要です。

無料でビットコインをもらいながら積立購入しよう

無料で貯めるのも限界があるので、ある程度興味を持ってきたり慣れてきたら自分でビットコインやイーサリアムを購入してみましょう。

積立でビットコインを購入するのがおすすめです。

単発購入

単発購入はあまりお勧めしませんが、自分のタイミングで購入できるので、うまくいけば利益を最大限生み出す事もできます。

暗号資産が現在も成長段階と考えるのであれば、少しの変動くらい気にならないとは思います。

特に注意するべきポイントは取引所と販売所の違いです。

販売所は仮想通貨取引所から暗号資産を購入するのに対し、取引所はユーザー同士の取引なので、販売所から購入する方が金額が高くなってしまいます。

簡単に言えば手数料のようなものです。

なので同じ値段でも取引所で暗号資産を購入した方がより多くの暗号資産を購入できます。

つみたて購入

暗号資産も投資信託のようにビットコインをつみたてできるサービスがあります。

暗号資産は価格変動が激しいので、つみたてをしてなるべくリスクを抑える方法で購入した方がいいと思います。

ビットコインを無料でもらおう

ビットコイン購入はどこがいいか取引所を比較してみた
初心者におすすめの暗号資産取引所を紹介します。各取引所の特徴や手数料を比較してみました。セキュリティの観点から、暗号資産取引所は複数開設することをお勧めします。取引所は無料で開設できます。

ビットコインはデジタルゴールドと呼ばれるほど価値が高くなっており、アメリカや日本の大企業も資産のポートフォリオとしてビットコインを購入してます。

また、アメリカの著名人の中には既に暗号資産(仮想通貨)を購入している方もいるので、今後避けては通れないものになると推測しています。

今後は暗号資産(仮想通貨)に絡んだサービスが次々と展開される事が予測できるので、暗号資産(仮想通貨)に対する拒否反応を無くしておくといいかもしれません。

最初から単発購入やつみたて購入には抵抗があると思うので、今回紹介した無料でビットコインを受け取る方法をぜひ試してみてください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました