【BTCの使い方】ビットコイン支払いができる場所とは?

ビットコイン
           
更新日時 2024年05月19日 05:38:45
ハッシュレート 326.53 EH/s
半減期まで 1,430.3 日
ブロック数 844,034
供給量 19,699,965 BTC
マイニング報酬 3.125 BTC
過去24時間の取引件数 228,445
過去24時間の取引枚数 420,376 BTC
ビットコイン購入におすすめな暗号資産取引所を比較
初心者におすすめの暗号資産取引所を紹介します。各取引所の特徴や手数料を比較してみました。セキュリティの観点から、暗号資産取引所は複数開設することをお勧めします。取引所は無料で開設できます。

「ビットコインを貯めたけど、どうすればいいの」「どうやって使えばいいの」と感じると思います。

個人的には純金と同じように長期保有することをお勧めしますが、実際に利用したい人もいると思います。

この記事で分かる事

  • ビットコイン決済に必要なもの
  • 支払い方法
  • ビットコインが使える店やサービス

これからビットコイン決済が利用できるのか、確認してみましょう。

ビットコインで支払うための準備

ビットコイン支払いは事前に取引所で購入しておく必要がありますが、どのように準備すればいいのか分からない方もいると思います。

この章ではビットコインの購入までの流れを紹介します。

暗号資産取引所を開設

まず初めに暗号資産取引所を準備しましょう。

暗号資産取引所は無料で開設できるので、気になる方は複数開設してみましょう。

取引所でビットコインを購入

取引所の開設が終わったらビットコインを購入しましょう。

初心者の購入は積立をおすすめしていますが、ビットコイン支払い分だけを購入したい場合は「販売所」ではなく「取引所」で購入しましょう。

取引所の出金方法を把握する

支払い方法は誰かにビットコインを送金する方法と同じです。

お店の場合だとQRコードをかざして送金することが多いので、とても楽ちんです。

ビットコインが使える場所

ビットコイン決済はあまり聞きなれない単語だと思いますが、日本国内でも少しづつ利用できる場所やサービスが増えています。

一時日本は仮想通貨大国とまで呼ばれていましたが、現在はアメリカに抜かれ、アメリカでは日本より多くの場所で仮想通貨を利用できます。

ビットコイン支払いできるオンラインサービス

2021年現在日本国内のオンラインサービスでビットコインを利用できるサービスは思ったより増えていないのが分かります。

ビットコインが使えるオンラインサービス

他にもビットコイン支払いを利用できるサービスはありますが、皆さんが知っているような有名企業は上記2社くらいでしょうか。

実際にbitFlyerのビットコインを利用できるサービスを確認してみましたが、対応している商品やサービスはあまりないようです。

bitFlyerが頑張っても、商品やサービスを提供している企業が対応しなければ意味ないという事でしょうか…?

ビットコイン支払いできるお店

国内のお店は個人で経営しているお店や、数店舗出しているチェーン店とかでした。

その中でも大手家電量販店は全国にあるので、ビットコインで支払えます。

ビットコインが使える家電量販店

bitFlyer以外の口座でも支払いはできると記載はされていますが、bitFlyerの口座がスムーズに決済ができます。

電気・ガス代をビットコインで支払う

なんと公共料金の支払いもビットコインで支払えます。

ビットコインが使える電力会社

  • Coincheck
  • ニチガス

コインチェックは日本の仮想通貨取引所なので、口座を開設してあれば簡単に手続きを進められます。

ニチガスは支払いページから入金アドレスが表示されるので、ビットコインを保有しているウォレットからニチガスのアドレス宛に送金しましょう。

イーサリアムに交換してNFTアートを購入

せっかくビットコインを貯めたので、ブロックチェーンに関連するサービスを受けてもいいかもしれません。

最近だとNFTアートの売買が人気になっており、NFTアートは基本的にはイーサリアムで購入します。

イーサリアムも国内の仮想通貨取引所でほとんど取り扱っているので、ビットコイン建てでイーサリアムを購入してMetaMaskに送金しておきましょう。

NFTはデジタルデータに対して唯一無二の価値を保証してくれるので、お金持ちが家に絵画を飾るようなものをNFT上でできます。

海外ではどのくらいビットコインが使えるのか?

先ほどは国内で仮想通貨が使える場所を紹介しましたが、次に海外で使える場所を紹介します。

アメリカ

とりあえずアメリカを比較すると進み具合が分かると思います。

アメリカでビットコインが使える場所

  • テスラ(Tesla)
  • スターバックス
  • ホールフーズ
  • AT&T
  • Expedia.com-Expedia

コカ・コーラ・アマティル(Coca-Cola Amatil)が販売している飲料水は、オーストラリアとニュージーランドで仮想通貨支払いに対応している自動販売機があります。

ベネズエラ

最新の技術を取り入れる国としてベネズエラは見逃せません。

ベネズエラでビットコインが使える場所

  • バーガーキング(Burger King)
  • ケンタッキーフライドチキン(KFC)
  • ピザ・ハット(Pizza Hut)

エルサルバドル

エルサルバドルは国の法定通貨としてビットコインを購入しており、2021年の年末下落時にも買い増しをしており本気を感じられます。

政府はビットコインの購入だけではなく、ビットコインのデザインを使った商業施設や空港を作り、ビットコイン都市を作ると発表しております。

ビットコインを貸出して利息でさらに増やす

皆さんは銀行で定期預金をしたことがありますか?

銀行で定期預金しても0.001%とかで、利息が数百円程度にしかなりません。

ビットコインなどの仮想通貨でも可能で、日本国内の取引所も貸し出しに対応しています。

仮想通貨は1%5%くらいの利息が振り込まれるので、10万円分の仮想通貨を貸出しても数千円になります。

ビットコインを貸し出しする際の注意点

貸出せずに保有したままにしておけば、取引所が潰れてしまったりハッキングにより流出しても一定額は保証してくれます。

ですが、貸出の場合だと保証してくれない場合もあり、全額なくなってしまうリスクもあります。

貸し出しをする際は保有している仮想通貨の数%程度にしておくのがおすすめです。

ビットコインを資産として貯めておき、使わない

貯めたビットコインを資産として貯めておき、数十年はbitFlyerに寝かせておくつもりです。

ハードウェアウォレットに長期保有することにしました。

ビットコインは2100万枚以上増やせないことから資産価値を保つことができたり、現在も仮想通貨に関するインフラが十分に整ってないことから、これからさらに価値が高まると推測しています。

上記記事ではビットコインを保有しておくことのメリットについて触れています。

ビットコインを貯める際の注意点

ビットコインなど仮想通貨を貯める際は、保管方法には十分注意してください。

ビットコインはコールドウォレットに保管している取引所を選んでいるからと言って、必ずしも安全とは限りません。

特に必要なことは仮想通貨を複数の保管場所に分散させることなので、国内の取引所も複数用意しておきましょう。

ビットコイン決済はこれから

ビットコイン購入はどこがいいか取引所を比較してみた
初心者におすすめの暗号資産取引所を紹介します。各取引所の特徴や手数料を比較してみました。セキュリティの観点から、暗号資産取引所は複数開設することをお勧めします。取引所は無料で開設できます。

仮想通貨を使用できるお店やサービスを紹介してきましたが、インフラはまだまだだと感じます。

一部の著名人や大企業、政府がすでに購入していることから、これからさらに便利な決済手段として普及されることが推測できます。

ビットコインを海外旅行で利用できるようになれば、両替した時の手数料が発生しないので、外貨が余ってしまう事もなくなる未来が来るかもしれません。

仮想通貨は現段階で受け入れられないと感じる方も多くいるかと思いますが、徐々に浸透してくると思います。

将来的なことを考え今からビットコインをコツコツ積立しておくのもいいかもしれません。

コメント

タイトルとURLをコピーしました