【Twitter】プロフィールアイコンにNFT設定できる

※このサイトは一部PRリンクが含まれております。

Web3

みなさんが普段利用している大企業もWeb3の領域に手を出し始め、徐々にWeb3の存在感が増しています。

その中でもTwitterはどの企業よりも暗号資産に力を入れ、IT業界の中でも特に動きが速い企業です。

Twitterはプロフィール画像にNFT作品を設定できるサービスを展開しており、設定した方は六角形のアイコンにできます。

この記事で分かる事

  • TwitterのアイコンにNFTアートが設定できる
  • 現状Twitter Blueのみ
  • 日本は現段階で利用できない

TwitterのアイコンにNFT作品が設定できる

Twitterはプロフィールアイコンの写真を、NFT作品にできるサービスを提供しました。

今までは購入したNFTを普通に画像としてアップロードしていましたが、これからはウォレットとTwitterを連携してNFT作品を設定できます。

2023年1月時点は「Twitter Blue」加入者のみ(日本でも正規に対応中)

2023年1月現在、TwitterにNFT作品を設定できるアカウントは「Twitter Blue」というサブスクメンバーのみです。
「Twitter Blue」に加入すると、送信取り消し機能やブックマークを整理する機能、連続したツイートを一つにまとめる機能などが利用できます。

他にもテスト段階の機能が「Twitter Blue」加入者のみ利用できます。

Twitter Blueに加入するには、左上のメニューを開き「Twitter Blue」を選択します。

画面が移動すると「購入画面」に切り替わるので、購入すれば「Twitter Blue」の加入が完了します。

NFT作品を設定すると六角形のアイコンに

アイコンをNFTに設定している人のページに移動してみました。

始めにNFTプロフィール画像についての説明と、NFTについて紹介されます。

OKを押すといつもの画面に戻りますが、アイコンを見ると六角形のアイコンになってます。

NFTアイコンをクリックすると、NFT作品の詳細が確認できます。

表示される内容

  • 契約アドレス
  • トークンID
  • ブロックチェーンの種類
  • トークン規格
  • 作者

直接OpneSeaに飛ぶリンクもあります。

スマホでも確認できる

スマホでNFTアイコンをタップしてみました。

利用しているブロックチェーンやアドレスなど細かく表示されてます。

NFTアイコンの準備方法

Twitterのアイコンに設定するためのNFT作品を購入しましょう。

暗号資産取引場所の開設

NFT作品を購入するにはイーサリアムが必要なので、暗号資産取引所を開設しておきましょう。

MetaMaskウォレットにイーサリアムを送金

イーサリアムを購入した後は、MetaMaskと呼ばれるウォレットに送金する必要があります。

MetaMaskと呼ばれる暗号資産の財布を準備する必要があるので、準備してない方は下記記事を確認してください。

OpenSeaでNFT作品を購入

イーサリアムをMetaMaskに用意したら、後はNFT作品を購入するだけです。

OpenSeaと呼ばれるNFTマーケットプレイスでNFT作品を購入しますが、NFT版の楽天市場のようなものです。

NFT作品の購入方法は下記記事で紹介しているので、初めて購入する方は参考にしてみてください。

NFTアイコンの設定方法  ※2022年7月

スマホアプリでプロフィール設定画面に移動してください。
※最新バージョンに更新してください。

アイコン画面をタップすると「NFTを選択」が表示されるので、タップしてください。

画面が変わるので「ウォレットを接続」をタップしてください。

2022年3月時点ではここまでとなってます。

もし利用が可能になったら、この後にウォレットの接続画面が表示されます。

MetaMaskを選んだ場合、秘密鍵と新しいパスワードの入力が求められます。

MetaMaskを作成した時に保管した英単語の暗号のようなものを入力し、新しいパスワードを作成して次に進めます。

パスワードは既存のもので問題ありません。

その後署名を求められるので、「署名」をタップすれば、NFTアイコンが設定できるようになります。

TwitterのアイコンにNFT作品を設定してみよう

一般ユーザーもNFT作品をプロフィールに設定できるようになると思いますが、しばらく時間がかかりそうです。あともう少しです。

NFT作品を購入しておきましょう。
購入方法は上記記事で解説しています。

コメント

タイトルとURLをコピーしました